2014年05月03日

ハンドガンカスタムの勧め

こんにちはでやんす。
BGSです。

先日も書きましたが
夜な夜な
あーでもない
こーでもない
言いながら
銃をカスタムする時間。


これは至福のお時間でございますね。


けど、壊れたら嫌だし・・・

という方には是非
ガスブロハンドガンのカスタムをオススメいたします。



こちらは構造が実銃に近い事
(つまりメンテの為にバラしやすい構造)
電動ガンと違って半田や配線の取り回しが無い事。
から大変オススメです。

愛着沸くこと間違いなしです。


手を出しやすい銃としては
なんと言ってもガバメントかグロックでしょう。


ガバは実銃のグリップ等も出てますし
ミリタリーからキンバー等
グリップとスライドだけで個性を出しやすい銃です。


ハイキャパ系はウェイトを軽くしたりと
シューティングマッチでも人気です。


グロックはステッピングやショートストローク等
実銃同様に使用感が大きく変わるカスタムが可能です。


どちらもパーツが豊富に出てます。


というわけで、
今回は前に個人のブログで行った
グロックカスタムのおさらいです。


実銃でもそうですが
トリガーセーフティとアクションの関係上
どうしてもトリガープルが深くなってしまうグロック。

ですが、余計なセーフティが無く
「引けば出る」という単純明快な理由から
向こうのトップシューターからも
「もし一丁だけ選ぶなら?」の答えで
必ず上位に上がる名銃です。


彼らはこれを更に使いやすい銃にするよう
ハイグリップやステッピング(すべり止め)加工
トリガーのショートストローク化等を、施していますが
エアソフトでも動揺の加工やカスタムパーツがゲット出来ます。


以下グロック用に取り寄せたパーツ類



スチールスライドロック
アジャスタブルトリガー
エクステンションスライドストップ

これでトリガープルのショートストローク化と
スライドストップに指がかかりやすくなります。

スライドとアウターバレルはガーダー。
セレーションとエキストラクターが渋いぃぃ!


まず、元をバラします。

ここまでは通常のフィールドストリップです。

スライドの機関部を分解。
バネに気をつけながら、ググれば難しくありません。


新しいスライドに移植します。


次にフレームをステッピング加工です。
ガーダーのフレームです。
ハンダゴテの先でジュッ・ジュッ!
マルイのフレームはプラですのでフニャっといっちゃいますが
こちらはナイロン混入の為しっかりとステッピング出来ます。


今回はステッピングのみですが
やすりと根気があれば
フレームの形状自体を変えて
よりハイグリップ仕様にすることも可能です。


フレームのハンマーやトリガーをばらして・・・




今回のパーツを取り付け


残りも移植します。

さほど部品点数は多くありません。
良いサイトを参考にバネに注意深く行えば大丈夫です。


アッパーを取り付けて一旦完成!

個体によってはすり合わせが必要な場合もあります。
自分はシリコンオイルのみでバッチリでした。

マガジンつけて・・・




ライトつけて・・・完成ーーっ!




いやぁ愛着はんぱないですよ!
いい感じにスライドに傷がついていくのもいい感じです!

所要時間は1時間程!!!
(買い物悩んだ時間はそれ以上www)

何かカスタムしたいんだけどなぁ・・・。

そんなアナタ!ガスブロハンドガンはマジでオススメです!!!

TI内のイノセントポケットにはマルイのガスガンの実機が沢山あるので
イジイジするやつの狙いを定めるにはモッテコイですねぇ!!!

わたしも次の獲物を物色中ですw
明日は定例会ですね!みなさん楽しんでくださいーーーw






Posted by tf291  at 19:57 │Comments(1)ハンドガン

この記事へのコメント
どうもです!

ステッピング、実にエロい!
Posted by まちゃぽんまちゃぽん at 2014年05月10日 01:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。